アトピーには保湿が重要なのです|改善のポイント

女の人

化粧品を正しく使い美しく

女性

水分と油分が必要

アトピー肌に必要なことは保湿です。アトピーという現象は肌の再生機能が極端に衰えていて、新しく皮膚が再生される前に剥がれてしまう状態です。皮膚の潤いに必要なものは水分です。水分を充分に満たした肌は、モチモチとしてふっくらとしています。これは肌に蓄えられた水分が、皮脂の膜によって閉じ込められているからです。アトピーの肌はこの皮脂も不足しているために、せっかく補った水分も、どんどんと蒸発してしまいます。この水分が蒸発する際に、皮膚が乾燥し、剥がれてしまうという悪循環を起こしていくのです。アトピー肌に好評な化粧水の多くはこの水分の補給と共に、不足した皮脂の代わりとして活躍してくれる、皮脂の成分に近い油分が含まれているものです。

頼りすぎないことが大切

水分の補給と油分による膜で、保湿は実現することは可能です。しかし、本来は皮膚は体内の水分を皮膚に必要な蓄え、皮脂を生産し、その潤いを閉じ込める機能を持ち合わせています。その自己機能を甦らせるような方法で化粧品を使うことをおすすめします。まずは頼りすぎないことです。乾燥するからといって大量に使ったり、頻繁に使わないようにすることが大切です。1日の回数や量をきちんと決めることで、足りないときは自分自身で補おうとする力が働きます。保湿の力を自分でするという能力の目覚めはただ漫然と、外から水分や油分を与え続けていては呼び起こすことはできません。ただしい保湿方法によって、辛い痒みや痛みを軽減するだけではなく、アトピー肌の体質も改善することができます。