アトピーには保湿が重要なのです|改善のポイント

スキンケアグッズ

皮膚炎を治す方法

化粧水

アトピーを治療する場合には、保湿する効果のある化粧品を利用する事が大切で、肌を保湿して外部からの刺激を防ぐ事が肝心です。セラミドが配合されている化粧品を利用する事で、長時間に渡って肌を保湿する事ができますし、肌の代謝を高める事ができるためオススメです。

詳しくはこちら

正しいケアで改善しよう

女性

水分を与えるケアは間違い

アトピー肌を改善するためには、保湿をしっかりと行うことが必要不可欠です。しかし、適切な保湿ケアを行っている方は、あまり多くはありません。多くは誤った保湿ケアをしているため、十分なケアができていません。誤ったケアをする原因は、保湿の意味を取り違えていることにあります。保湿というと水分を肌に与えるイメージがありますが、水分を肌に与えることが保湿ではありません。保湿効果の高い成分を肌に与えることこそ、適切な保湿ケアです。特に2つの成分を肌に与えることで、アトピー肌を改善することができます。水分を与えるのではなく、2つの成分を肌に与えるケアをし、アトピー肌を改善させましょう。その2つの成分とは、ヒアルロン酸とコラーゲンです。

肌に与えたい2つの成分

アトピー肌を改善するためには、肌の水分保持力を高める必要があります。アトピー肌は肌の水分保持力が低いため、外部からの刺激に非常に弱くなっています。水分保持力を高めることで、肌のバリア機能が高まり刺激に強い肌にすることができます。ヒアルロン酸は、わずか1gで6Lもの水分を保持する能力を持っています。肌の表面で水分を抱え込んでくれるため、肌内部の水分の蒸発を予防してくれます。まずはヒアルロン酸をたっぷり肌に補い、水分保持力を高めるようにしましょう。コラーゲンは、真皮層に含まれる成分です。このコラーゲンを肌に与えることで、肌の表面の水分保持力を高めることができます。ヒアルロン酸と相性が良いため、ヒアルロン酸と同時に補うようにしましょう。ヒアルロン酸とコラーゲンで肌の水分保持力を高め、肌内部の水分を蒸発させないケアをすることが重要です。

悩んでいる人が多い

肌の手入れ

皮膚疾患の中でも患っている人が多いのがアトピーです。今後はより患者数が増えることも考えられます。アレルギー体質の人に多くみられ、肌のバリア機能が低下しています。医者に診てもらうほか、保湿に力を入れて症状を軽くしていきましょう。

詳しくはこちら

化粧品を正しく使い美しく

女性

アトピー肌に必要なものは水分と油分の補給です。アトピー肌は、肌の再生機能とともに保湿能力が衰えているため、適度に補うことは必要です。しかし、過度な依存をすると、自らの保湿能力をますます減退させてしまいます。化粧品を使用しての保湿は回数や量を決めて、使いすぎないことが大切です。

詳しくはこちら

おすすめ関連サイト集

  • オークビューティー

    古い角質を落とす効果を持っています。ピーリング石鹸を活用することによって透明感のある肌に変わることができますよ。